調べて活用|雨漏り修理もニーズに応える頼れる業者あり|住宅快適改善術

雨漏り修理もニーズに応える頼れる業者あり|住宅快適改善術

調べて活用

太陽光発電

住宅を建設する際の費用をできるだけ少なく抑えたいなら補助金を利用できないか検討するのも良いことです。補助金をもらうためにはある一定の取り組みをしなければなりません。その取り組みの一つが蓄電池を設置することです。蓄電池を設置したり太陽光発電システムを取り入れたりする住宅のことを総称してスマートハウスといいますが、これは近年建てられるようになってきた住宅の形式です。スマートハウスに住むことで地球環境にやさしい生活を自ら実践することができますし、暮らしにかかってくる光熱費などの負担を減らすことができます。もちろん、こういった蓄電池や太陽光発電はとても高額なシステムなので導入するにはどの程度で投資費用が回収できるかを考える必要があります。しかし補助金でカバーできるとなれば誰でも気軽に導入することができるようになるのです。

スマートハウス購入に対する補助金交付は様々な場所で行なわれているので事前に調べることが大事になってきます。太陽光発電は以前から補助金が導入されていますが、蓄電池に関しても2012年度から導入が行われるようになってきました。太陽光発電と違って蓄電池は窓口も限られてきますので、地域では取り扱われていないことも多いです。交付の基準もあり、蓄電池を含む機器購入費用の内3分の1が補助金で賄えるようになっているのですが、条件が100万円までなので気をつけましょう。個人では以上の条件ですが、法人では一億円までとなっているので注目です。